南オーストラリア州における制限措置の緩和(COVID-19関連)

2020/12/11

【ポイント】
●12月14日(月)より、南オーストラリア(SA)州における制限措置が緩和されます。
●これにより、自宅訪問は50名まで可能となり、映画館・劇場等ではマスク着用の場合は75%、マスク無しの場合には50%までの入場が認められます。

【本文】
1.SA州政府は制限措置の緩和を発表しました。12月14日より緩和される概要は以下のとおりです。
(1)自宅訪問は1日50名まで可能
(2)宗教・儀式
 ア 200名まで/2平方メートル毎に1名まで可能
 イ ダンス及び立食が可能
(3)接客業
 ア 2平方メートル毎に1名まで可能。
 イ 人数制限無し
 ウ 屋内外の立食可能
(4)映画館劇場等のエンターテイメント施設
マスク着用で75%、マスク無しで50%まで可能
(5)ジム等のレクリエーション施設
2平方メートル毎に1名まで可能
 
2.職場復帰
「在宅勤務推奨」が解除され、職場に戻ることが可能になります。

【参考情報】
SA州政府発表
https://m.facebook.com/SAGovernment/photos/a.106685867668259/194704972199681/?type=3&source=48
当館HP 新型コロナウイルス関連情報
https://www.melbourne.au.emb-japan.go.jp/itpr_ja/COVID-19info_j.html